2014年6月 7日 (土)

THE LUCKY DRAGON

P1000239P1000245_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

戦争やめて愛しあおう

すべての戦争屋に捧ぐ!!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

政治的解釈

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

こいつらに任せて本当に大丈夫でしょうか

2009020300000011maiallentview000


永田町の国会は国民をあざむくための傀儡(かいらい)で、政治をつかさどっているのが実は違うところにあるんじゃないか、というディックの悪夢のようなことを考えている昨今です。本当はとんでもない者たちが国政を動かしているとしたらどうなるのか。国営放送が作る「おかあさんといっしょ」という番組内における人形劇を時代とリンクさせてみると以下のことが見えてきました。

■ブンブンたいむ内閣(1979〜1982)
(閣僚:ブンブン、つねきち、ごじゃえもん)
短期政権。日本がいわゆる安定成長期を続けていた比較的平和な時期。

■にこにこぷん内閣(1982〜1992)
(閣僚:じゃじゃ丸、ピッコロ、ぽろり)
この10年間は日本の輸出増大と貿易摩擦、その後迎えたバブル景気にほぼ当てはまります。

■ドレミファ・どーなっつ内閣(1992〜2000)
(閣僚:みど、ふぁど、れっしー、ソラオ)
バブル崩壊で訪れた不況とネット社会の勃興。オウム事件発生。失われた10年にあたります。

■グーちょこ・ランタン内閣(2000〜現在)
(閣僚:スプー、アネム、ズズ、ジャコビ)
発足と同時に9.11テロリズムと続く中東での戦争。日本での新自由主義と市場原理主義の波により訪れた自己責任と格差社会。リーマンショックで戦後最大の不況時代。


グーちょこ・ランタン内閣の約10年が一番混迷を極め、暗い時代を彩ったと云えるのではないでしょうか。して、今日、政権交代が発表されました。10年続いたグーちょこ・ランタン内閣が終わり、新たなる時代に突入する訳です。今度は「可愛い鬼」がモティーフの「モノランモノラン内閣」(閣僚:ライゴン、スイリン、プゥート)に日本の未来は委ねられることになります。3人組になるのは、バブル期の「にこにこぷん内閣」以来。ということは不況脱出を願ってのことでしょうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

マイ政治的予測

2

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

9253の政治的予想

Asou

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

への字口

結局タロウかよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

何とかしてください

車内のおばちゃんたちが喋ってました。
おばA「このまえ24時間テレビやってたでしょ」
おばB「ああ、あの24時間以内に何とかするやつ」
別に間違ってはいないけど「24時間以内に何とかする」というリミットに特化すると、途端に気が急いてジャックバウアーみたいに聞こえませんかね、確かにエドはるみは何とかしたらしいけれど。

帰ったら福ちゃんが辞任していました。
北京オリンピックの来賓席でノータイにワイシャツを袖まくりした姿を中継で見ましたが、まるで新橋SL広場のサラリーマンっていう風情で、その割にはやっぱり政界の子供だけあって気質が貴族的でしたね。官房長官の時も突然ぷいっとおやめになったし。後任がタローだと云われていますが牽引力のなくなった今の自民がそんなカタイ球投げてくるんですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月26日 (火)

勅命が発せられたのである。

Jjhhhk

「戒厳令」とは非常事態が発生した場合、国民の権利が一時停止して軍隊に全て委ねられることらしく、東京で最後に出されたのは72年前の今日でした。2008年の東京でもし発令されたらどうなるんだろうかと、思う訳です。仕事に行くな、遊びにも行くな、とにかく家から一歩も出るな、で、テレヴィつけたらずっとニュース。下手したら報道規制もかかって同じこと繰り返しかもしれません。それでもテレ東は根性見せて旅番組やるかもしれませんが、何にしてもヒマだろうなそれ。おまけに雪とか降ってたりしたら、窓の外ぼんやり見てるだけですよ。いや、みんな家でwiiとかDSやるんでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

鬱苦飼育荷

This is the END! This is the END!

午後になって舞込んだアベベ辞任のニュース。
「美しい国」突然の崩落。
結局彼の在任中に人々の記憶に残ったものはこの的外れなキャッチフレーズのみでした。
多分、小泉よりは良い人だったと思うんですよアベベは。でも良い人だけぢゃ勤まらないものなんでしょう、それか、もとからこの国が美しくも何でもないただ単にヤクザな体質だってことですか。
難しいです政って。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧