2015年4月21日 (火)

おせーて!

9253に何か服とか買いにいかないの、と聞いたところ「最近なにを着たらいいのかわからない」という答えが。今まで好きで買っていたショップの服が何だか自分には若すぎるような感じに思えてくる年代。

40代というのはホントに何着たらいいのかわからない。着るものだけじゃなく、どういう人になったらいいのか、どんな人生を送っていったらいいのか、突然わからなくなるのです。ふざけたTシャツ着てポケットに手突っ込んで責任ない感じで「ちぃーっす」とか云う様が俄然、似合わないカラダに進化しているのです。仕事とかも今までやってきたことから外れて違うことをやらなければいけなくなったり、あるいはやらなければと自覚し出したり、服と一緒で規格や仕様が合わなくなって来るんですよ。ロックの人たち(ミックジャガーとかポールマッカートニーとか)も40代が一番中途半端で汚くて格好悪いんで。もう40代のココロとカラダは小松政夫ばりに「おせーて!おせーて!」と日々叫んでおるですよ。これだけ供給不足ってことは40代って今までずーーっとほったらかされてたんだろうと思うんですがね。なんかこう、Free&EasyでもないDomaniでもないUOMOでもリンネルでもGQでもミセスでもSPA!でもない、もうそんな、「こんな40代してりゃ取りあえずいいんじゃね?」みたいな、そんなんじゃなくて。んもうぜんっぜん違う新しい視点の40代、ウォンテッド!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

失禁画像と巨像恐怖症

巨大な像とか巨大な穴とか巨大な海とか…

ああもう怖くておしっこ漏らしそう!!!

どれも甲乙つけがたい恐怖画像ラインナップ。

1

1位

巨像恐怖症の方々にとってネットに出回っている中で超有名画像

このなんだかわからない謎の像の下に深夜たったひとりで取り残されたら

おしっこ漏らしそう!!

2

2位

深夜の県道でトンネルの前にたったひとり取り残されたら

おしっこ漏らしそう!!

3

3位

この見るからにデカそうな生物が海面を出たり潜ったりして大きな波が

ざぶざぶ巻き上がったりしてるのを見るだけでおしっこ漏らしそう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

男の作法

劇場の検閲コード9253に抵触しました。
削除されました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

男の道はひとり旅。女の道は帰り道

年の初めに“男たるもの”を指標したつもりがさっそく転向を余儀なくされる。
この前「君の作るものは基本的に益荒男(ますらお)だ」と云われて20数年変わっていない自分の足りなさにショックです。益荒男とは男っぽいというか勇ましい様を云うんですが、悪く云えば“武骨”で“繊細さに乏しい”ということ。益荒男トーンが求められている場合は良いのですが、手弱女(たおやめ)トーンを求められている場合、これはまったくへんてこですよ。今までの仕事を見てみると確かに益荒男トーンの仕事が多い気がする…。
この「益荒男」問題は今に始まったことではなくて美術予備校でデッサンや色彩構成をしていた時代からさんざん云われていたことです。予備校講師によく云われました「タケはもっと恋をせな、恋をせえ!そうすればすこしはお前のそのガサツで荒れた絵にも女の子のやさしーい繊細さが加わるやろ。だから恋をせえ!」と。でも恋をしても何にも変わんねーんだよ、たっつぁん!ただの女好きになっただけだよ!!
フェミニンなものって綺麗だしお洒落だし憧れるしもっと知りたいと思うのです。もとから男の作るものが男っぽいのは自然なのかも知れませんが、そんなベタな仕事を自ら望んでいるつもりなんか毛頭ないわけで、適所に使い分け、尚かつその人らしさが出せるのがプロだとするならば、これは私の不勉強以外の何ものでもない。まして世相は女性のやさしさや柔軟さがますます求められていて、下手したら益荒男なんかも女性の方がよっぽど体現してる昨今じゃないですか。益荒女(ますらめ)=肉食系みたいな。
唐突にこんな歌を思い出す。

月が第7宮に入り
木星と火星が直列する時
平和が地球を導き
愛が星の舵取りをする

これがアクエリアスの時代
水瓶座の時代
アクエリアス!
アクエ〜リア〜ス!
(ミュージカル:ヘアーより)


これ、60年代に流行った歌ですけど今のことを歌っています。地球は戦闘的な男性の時代だった最後の全2000年代が終わりを告げ、木星と火星が直列する、アクエリアス(女性性の時代)期に突入するという。それが正に2009年だとスピリチュアル系では盛んに叫ばれている(確かにアメリカはマッチョ思想の大統領:お猿のジョージが止めたもんな)。しかも今後2000年続くって…。益荒男たちよ何処へ。どうする俺、いや僕、あたし。とりあえず手堅く手弱男=草食系を目指すか。というか地球のアクエリアス時代って一体なに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

男とは

昨日の新聞で「20代に草食系男子・急増中」という記事を読みました。親孝行で、人生に対して堅実な志向を持ち、静寂を求め、女の子にガツガツしない、恋愛及びセックスに対して淡白な、まるで村上春樹の主人公のようなアンダー30の男子を草食動物にたとえ“草食系”と呼ぶそうです。何でもカテゴライズしたがるメディアの浅はかさを憂いつつも男として云わせっぱなしはないと思います。あえて問う。それでいいのかおまえたち!

2009年はここに列記する男たちを模範として“真のおとこ”を目指し、劇場は日々精進する次第ですどうぞよろしく。
*
*
*
●藤竜也
男とはかくあるべし。

3
*
*
*
●岸田森
男とはかくあるべし。


1
*
*
*
●宮内洋
男とはかくあるべし。


4
*
*
*
●伊丹十三
男とはかくあるべし。


2
*
*
*
●辺境一の剣豪・ユパ
男とはかくあるべし。


5
*
*
*
●アーネスト・ボーグナイン
男とはかくあるべし。

6_2


*
*
*
非常に暑苦しい!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

生きてる奴は手を上に

○上司は時々私のことを「たけしまっち」あるいは勢い「まっち」と呼びます。だから何だと云うんだ
○ナスとベーコンのトマトスパゲティ・食後のホットコーヒーは一緒に。ウェイトレス曰く略して「ナスパ同時ホット〜!」発声祝6周年記念
○居眠りして自分の肩にもたれて来た女の子を電車降り際に必ず振り返って確認すると、大抵おばあちゃんだったりするよね!

さて、携帯「かつ子」が新しい携帯「ミーナ」に変わってからというもの、内蔵されてるゲームをただひたすらやってやっていてまったく中毒な昨今です。同じ色の球をぶつけて3つになると崩れるという「ぷよぷよ」みたいな単純なやつ。まさか車内で携帯をずっといじくってる唾棄すべき人種に己が成り下がろうとは思いも依らないことです。で、だんだんやっていると数種類のパターンがあることに気づく訳ですが、プレーヤーの球の打ち方、失敗の仕方、気まぐれ等でそのパターンが微妙に変化していつも違う結末で終わったり、クリアしたりしなかったりするのが心底面白いなあと、ゲーマーにとっては笑止千万のスケな事実にいたく感心する次第。ほんの些細なバグが広げるアナザーワールド。中国で蝶が羽ばたけばアメリカでハリケーンが発生すると人の云う。
そして、振り向けば人生


○明日は1つ手前の駅で降りてみましょうかしら。
○振返らなければ自分の中では永遠に女の子かしら。
○ホットを最初にって云ったら「ナスパ先ホット〜!」になるかしら。
○上司に呼ばれたら「まっちでぇぇす」と切り出そうかしら。

そもそも生きてるのかしら。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

だいじょぶじゃない

その街は水はけが悪く、夏はドブの臭いが鼻をつきました。
冬は外壁の薄さに骨の随まで凍え、街道をトラックが走るたびに全体ががたがた揺れ、
右隣は頭のおかしい引きこもり学生が昼となく夜となく絶叫&壁パンチ。
こちらも負けじと壁をライダーキック。
左隣はお姉さんが毎朝6時に大音量でMジャクソンの「ビリージーン」でお目覚め。
こちらも負けじと壁をライダーキック。
敷金まったく返してもらえず。
とにかく孤独で寒い土地でした。
もう一生関わり合いたくない街だったのに不思議なものでまた訪れてしまうものなんですね人間って。
怖いもの見たさか、何かを確認したかったのか、tvkと二人で12年前に私が一人暮らししていた東村山のアパートに行ったらびっくり。
12年間まったくもって何にも変わっていませんでした。
昨日引き払ったかのごとく、私が出て行った時と同じ状態のまんま。
自分がまだ21歳のガキのまんま何も進展していないことを見せつけられるような
あまりの変わらなさぶりに吐き気を催しました。
変わらないものって人を安心させたりするものですがね、

キルゴア大佐か誰かにナパームを投下してもらってあの土地を更地にしたいくらいです。


(ひとつだけ:駅前の志村けん記念植樹がなくなっていました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

避難轟々

Zvzvcv

式をあげて早々に私にはやらなければいけないことがタンマリとあるのです。
大変なんです。ハッピームードから一転して芸の為なら女房も泣かす「浪花恋しぐれ」のド阿呆春団治です。いそげ!いそげ!時間がない!
嗚呼!頭がぐるぐる回る。

いっちょうやったるかいっ。

「そりゃわいはアホや 酒もあるし 女も泣かす
せやかてそれもこれも みんな芸術のためや
今にみてみい! わいは日本一になったるんや
日本一やで わかってるやろ おくに!
なんやそのしんき臭い顔は
酒や! 酒や! 酒買うてこい

これではすっかり駄目な人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

ニューエイジとムシコロリ

昨今のオーガニック、ロハス、ヨガブームは50〜60年代のアメリカ西海岸にその源泉をみるようです。50年代に「禅」が持込まれてからというもの、アメリカ人流の解釈からビートニク、ヒッピームーヴメントの潮流が産み出されたのですが、究極的に自然回帰を提唱したそれが結局はネカモチのステイタスとして消費社会に組込まれたというのは何だか皮肉な話です。
とはいえ大元である物質位上主義社会、消費社会に対しての精神によるアンチテーゼとしての側面は、うんうん、そうだそうだ、と納得するはするのですが、宇宙規模のニューエイジ思想にまで飛躍されるとちと納得しかねます。何よりもずっと前から疑問だったのは全てを必然と捉えてしまう向きでして、例えば
「適当にそこら辺にあった雑誌を手に取って適当にページを開く、するとそこに書かれてある言葉があなたにとって重要なメッセージである」
というような、つまりこの世に偶然はなく世の中の事象、これ全て必然であるという考え。面白いと云えば面白いんですが、好みの問題で云うと人生、何が起こるのか分らない偶然や不条理に振回されるのを楽しむというのも1つの見方じゃないのと思ってしまうのですがどうでしょうか。
窪塚アイキャンフライ洋介に始まってネイティブアメリカンの持つスピリチュアルを実感しつつピースなバイブスでハッピーに深呼吸するようなところまでいくとその先は究極にはカルトに結するわけで波動グッズやパワーストーンの物品販売などなど、商売が絡む時点で矛盾が生じている。そういう自分もかつてはハクスリーやリアリー博士にかぶれてガンジャまでは吸わないまでもキセルにトワイニング紅茶つめてドアーズ聞いたりと古風な青春を送っていたのですがニューエイジャーのおこした地下鉄サリン事件やら知合いからのセミナーへの勧誘などが続いてだんだん熱が冷めてしまいました。ニューアカデミズムもニューエイジもヒッピーイズムもロハスもようは坊ちゃん嬢ちゃんの手慰みに過ぎないのかと。オーガニックに凝って無農薬野菜を食べた結果、ムシコロリを飲むことになったなんていう終戦直後みたいなことが21世紀の今日、六本木ヒルズ族やセレブリティの間で流行るとしたらそれはそれで面白いことなんですけど。Img_2702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

キャンプだほいほいほい。

キャンプのことを考えていたらウォーホルの言葉を思い出しました。
「欲しがっているうちはそれは絶対に手に入らない。欲しがらなくなった時、向こうからやって来る。」
と、たしかこんな内容だったと思います。自分の拙い経験と照らし合わせてみても確かにこれは一つの真理だと思われますね。キャンプも狙っている間は絶対キャンプになれないし、キャンプは素朴じゃなきゃいけない訳です。自分の狙いは完全に外れて大暴投なんだけど、ちがうところで大ウケしてしまうことってよくあります。自分で評価は下せなくて飽くまでそれは他人の評価に委ねられるって辛いとこではありますが、そこをコントロールするのってホントに難しいことです。自分の欲望はあるんだけどそれをあからさまに求めてはならない、欲しいんだけど欲しがっちゃダメと、じゃ一体どういう顔してりゃいいのかと。
夏目漱石は自分の書斎に「則天去私」という文字を掲げたそうですが、自我を捨て去ってぽけらーっと流れに任せるという、そういう自分のエゴや欲望のコントロールってお釈迦様の「悟り」の領域なんじゃないかとも思うのですよ。だからと云って情熱を捨てろっていうことでもないと思いますしね、もうとにかく無邪気で生きるしかないのです。ばぶばぶ。
関係ないけどこういう格言もありました、
「女は猫に似ている。呼ぶと来ないが、呼ばないと来る」
どうでもいいけど。
20060308-00000701-reu-int-view-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧