2015年2月20日 (金)

『ベルサイユのばら』読了

池田理代子の『ベルサイユのばら』を全巻読み終わりました。

少女漫画は萩尾望都や山岸凉子は何作か読んだことがあって、特に山岸凉子は私の興味(津山事件、ニジンスキー、古事記)を題材にした作品があるので率先して読んだのですが『ベルばら』はこのジャンルとしては老舗の看板メニューみたいな感じに若干気後れしたのと、内容がレズビアンヌ物だと勝手に勘違いしてたので読もうという気がありませんでした。全然ちがってました、ごめんなさい。

しかし日本の20代前半の若者がこれを描いたかと思うと、にわかに信じがたいですよ。

時代考証の確かさとそれを分かりやすく展開させる技術。それと人物造形。

とくに目立つのがやっぱり近衛士官で男装の麗人オスカルなんですが、私にはいまいちその魅力が掴みきれない感じでした。

前半マリーアントワネットを中心とした宮廷の出来事において、主人公のオスカルは蚊帳の外というか、貴族のゴタゴタから距離を置いて「やってるやってる」ぐらいな感じで当事者意識は低そうですよね。ところがフランス革命へと雪崩を打つ後半になると途端に当事者に躍り出て、アンドレと契りを結ぶわ戦死するわと己の仕事を存分に全うするわけです。私は前半の面白さにグイグイ来た分、オスカルが活躍すればするほど興味が引けていったという、、のが率直な感想です。デュバリー婦人、ポリニャック伯爵夫人、首飾り事件のジャンヌら魅力的な性悪がつぎつぎ登場し、マリーアントワネットにとってベルサイユがさながら「渡鬼」状態を呈する前半の方がワクワクしてしまい、仕事のできるオスカルが活躍する革命話にはちょっと興味を失したという感想を漏らせば、どうしたってこのワタクシめは端から見れば完全にミソジニストということになると思います。

いやそうだ、きっとこれは男にとって本性が暴かれる踏み絵みたいなもんだ。恐ろしや。

何も考えずに好きなキャラクターは?と聞かれて答えれば「ロザリー」です。無邪気で甲斐甲斐しくて家庭的な女のコ。うわ、ますますそうだ、自分は気づかなかったけどきっと「女性が輝ける時代」に背を向けたい保守陣営なんだ俺は、きっとそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

デュヴァリー婦人

Cocolog_oekaki_2014_11_12_00_15

お絵描きコーナー!!!!!

現在「ベルサイユのばら」を絶賛読書中。

名作と云われるので読んでみようかと思ったんですがあれなんですね、私けっこう誤解してました「ベルサイユのばら」について。

主人公がオスカルで、あと脇役がアントワネットで二人がキャッキャするだけの漫画かと思ってましたらさにあらず。人間模様ならぬ「ばら模様」を形成する登場人物がたくさん入り乱れて映画でよく云う「グランドホテル形式」っていうんですか、とにかく女たちの権謀術数が怖いのなんのって。まるで「渡る世間は鬼ばかり」です。で、むしろ話を大きくふり回してるのはマリーアントワネットで、オスカルは割と脇から傍観してる感じじゃないですか(要所だけ活躍してる?)。

当グランテカール劇場においてはひとまず「きょうはベルサイユはたいへんな人ですこと」を云わせるがためだけに並々ならぬ努力をしたデュヴァリー婦人に助演女優賞をあげたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月24日 (木)

さあディズニーランドへ行かう!

戦時下の日本で1936年に制作されたおもちゃ箱シリーズ。
空からあいつがやって来る!黒くて邪悪なあいつが!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月10日 (月)

サイフリート

Cocolog_oekaki_2014_03_09_20_45

萩尾望都センセイの傑作「トーマの心臓」
ちょこっとしか登場しないのに強烈な印象を残す男
その名はサイフリート!
通称「八角メガネ」!!
いまいちどういう悪事をユリスモールにしたのか未だにわかんない私なんですが、、、。とにかくこのトっぽい感じが好き。大好き。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

愛してナイト

ローマに宿泊している時、深夜にテレビをつけると日本のアニメがやっていました。銭湯は出てくるわ、お好み焼き屋はでてくるわ、気志団みたいなツッパリは出てくるわで、こんなアニメをイタリア人が見て理解できるのかね?と思いました。しかもそんな極めて日本的な登場人物全員がイタリア語を喋るという、旅先の日本人を混乱させる状況。どことなく見覚えがあったのですがタイトルを完全に失念しました。
題名は「キス・ミー・リーチャ」
これ、多田かおる原作の「愛してナイト」だと後に分かりました。
しかもイタリアでは80年代中頃に実写ドラマ化されるくらい大人気だったとか。2014年現在もアニメ放映がされているということはいまだに相当な人気ということです。なので日伊同盟のよしみで両国の主題歌を乗っけておきます。
上がオリジナル日本版「愛してナイト」、下がイタリア版「キス・ミー・リーチャ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

こいつら100%伝説

お絵描きコーナー!!!

岡田あーみん「こいつら100%伝説」りぼんコミックを購入しました。まったく電車で読めません。1ページ繰るごとにバタンと閉じて目をつぶって笑いの波が過ぎ去るのをじっと耐えるのみ。今回は自信作です。どうぞ。


Kiwamaru


極丸

冷静だけど一番けったいな行動に出る。


Manmaru

萬丸

かわいい奴


Abuno


危脳丸

あぶない


お台場ビックサイトで開催された「GEISAI」に初めて行きました。イベントスペースでAKIBA48というおニャン子みたいなアイドルが歌っていて、彼女たちよりも間の手を入れている男性ファンたちの方がすごかったです。
ケンちゃん「GEISAI」お疲れさまでした。体に気をつけてください。ちゃんとご飯食べてください。


おわり

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年8月10日 (金)

ポーの一族

お絵書きコーナー!!

読んだばかりの萩尾望都の「ポーの一族」すっかりはまりました。
ので記憶が去る前に何も見ずにカーソルで書いてみました。


Ed

「エドガー」比較的許容範囲

Al


「アラン」許容範囲外


Merry


「メリーベル」苦情の一切は受付けません


King


「キング・ポー」比較的自信作

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

さよなら三角、また北公二

Jgjgh

ヤフーニュースの北朝鮮問題でインターポール(国際刑事機構)の名前を久しぶりに聞いてわくわくしました。彼の地では公にはしていませんがかなり高度な技術で作られた通称「スーパーノート」という偽ドル紙幣をばらまいて闇資金を作っているそうでインターポールがルートを探っているのだそうです。
国家の偽札造りにインターポールと聞けばどうしたって「カリオストロ公国」を連想しないわけにはいかないでしょう。金正日氏は宮崎アニメのファンだという噂はいよいよ本当かも知れません。

クラリス嬢はもちろん黒田サーヤさんです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)