« 春はまたオルガンに乗って | トップページ | 秋川まりえのストラップはどんなか »

2017年6月26日 (月)

狂った果実

Rsadb

スケボーですっ転んで腕を負傷してからようやく復帰です。

やっぱり年取ると傷の治りが遅いしそれを金で解決しようとするとこが良くないですね。時間がたっぷりあるわけじゃないし昔に比べてセッカチで余裕がなくなってるんですよ。

で、気付いたらもう湿気が日本列島を覆っていて巷はすっかり梅雨の季節。いや、太陽の季節。若者たちの季節が到来間近ですよ。すっ転んで腕を痛めてるダサい大人は浜辺でフローズンダイキリなんて飲んじゃってサ。ま、いいや。

テレヴィではこれで何回めだかわからないけど石原裕次郎特集が組まれていて彼の実質的デビュー作「狂った果実」をNHK_BSでやっていました。ほぼ未見だったのでようやく観ました。無軌道でワイルドに見えて実は「純真さ」に惹かれている主人公たちの悲劇の夏。太陽族って意外と教条的だったりするんですかね?出だしで喋ってる顔をアップにしながら主義を語り合うシーンはとってつけた感というか耄碌ジジイこと愼太郎くささが香ばしいんですが、そこが新しいんじゃなくて今までの俳優とは規格外の人物がスクリーンに躍り出た感がこの映画の肝だと思われます。

裕次郎に対する世代ごとのイメージってかなり違うと思いますが私はもちろん、あの肝臓悪めの色黒ブルドッグ顔でワイドな襟シャツにスリーピースの、あるいはブランデーグラス片手にひとり酒、みたいな「太陽にほえろ!」か「西部警察」をやってたオッさんのイメージです。だけど裕次郎がまだ「裕ちゃん」だった頃を知ってる世代にはやっぱりこの映画の鮮烈な印象が強いんだろうなと。歯並びも悪いしイケメンの範疇からは逸れているとは思いますが全体を引きで見た時のダイナミックな華やかさはアップが売りの俳優時代の終わりを象徴してるんでしょうね。演技も素人臭さが逆にリアルだったんでしょうか?あの「カッハー」みたいな笑い方とか軽さが。対照的にアップが売りであったろう津川雅彦は弟役なのにスタイルも悪いし裕次郎よりも重くて古臭い印象。しゃべり方も語尾上がりで古いなー。でもラストは思い切りダークネス全開な演技で場をさらっていきました。のちに石原婦人となる北原三枝も中性的な顔立ちでお嬢さんなのかと思いきや意外にヴァンプ。あとね、ファンファンですよ。この人は反則ですよ。このあと日活映画の、裕次郎映画の常連になるんですけど日本人の遺伝子が頑張ってようやく裕次郎まで漕ぎ着けたってのに、それをはるかに凌駕しちゃってる格好よさじゃないですか。反則ですよ。

|

« 春はまたオルガンに乗って | トップページ | 秋川まりえのストラップはどんなか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/65458343

この記事へのトラックバック一覧です: 狂った果実:

« 春はまたオルガンに乗って | トップページ | 秋川まりえのストラップはどんなか »