« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月24日 (月)

40からのスケボー事情

先日深夜に放送していた映画「ロードオブドッグタウン」を再視聴してから自分の中で突然に降って湧いたスケボーブーム。40過ぎてから始めるには少々無謀だとは思うのですが結局Amazonで購入してしまい、土曜日に早速ダンボールに入ったブツが届いてしまいました。Pennyというメーカーの、ボードがムラサキでホイールがピンクというオッさんには無理目の配色のやつです。バリバリ梱包を剥がし、70年代のカリフォルニアの風に吹かれるイメージで片手にボードを掴んで颯爽と家を出ました。YouTubeで散々イメージトレイニングしてたので恐る恐るの割には最初からすんなり走れました。なんだよ簡単じゃん!!

となって10分後、スコーンとコケて右肘を擦りむいて血が出ました。

一旦家に帰って消毒。擦り傷なんて高校生以来ですが全然これくらいだったら想定内ですよ、余裕余裕。

再び家を出て今度はもう少し広いところで乗ってみました。体を左右に傾けてボードの方向を変えることはできました。なんだよスゲエ簡単じゃん!!

となって5分後、後ろ足に少しだけ重心をかけた途端、ボードがカパーンッ!と前方に飛んでいき、体が取り残されて転倒、で、その際全体重を支えるように左手を思いっきりアスファルトにがちーんと着いてしまい悶絶。もう一回同じ過ちを繰り返して同じように転倒、もう左手ダメかも。。

ということで泣きながら帰宅。

スケボー初心者というかここ数十年スポーツらしいことは一切していない私としてはかなり頑張ったわけです。痛い目にあったけどまだ辞めるわけにはいかない。今度は格好悪いけどプロテクターつけて再度やってやる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

「愛国とノーサイド 松任谷家と頭山家」

9784062196932_w_2

「愛国とノーサイド 松任谷家と頭山家」

個人的に気になりまくっていた人物たちテンコ盛りという奇跡のような本を見つけてしまい、本屋で一旦手にとって数ページめくって棚に戻して、一回ひとまわりして逆立ちしてまた本を手にとって、最終的にレジに持って行きました。

近代日本の暗い情熱のなかに登場した怪物と、芸能史に名を刻んだミュージシャンたちとの意外な繋がり、何せあの大物フィクサーこと頭山満とユーミンこと松任谷由美に接点があるって聞けば逆立ちせずにはいられないわけですよ。松任谷家と頭山家はファミリーツリーで繋がっていたとは!

その大元の頭山満は政治結社「玄洋社」を立ち上げた「右翼の大物」という捉え方を一般的にされていますが、右翼は右翼でも昨今流行りのホンニャラ学園やらホンニャラ会議みたいな狭量でチンケな右翼とは器もスケールも桁違いの、共感すれば左翼だろうがアナキストだろうが探検家だろうが中国人だろうが韓国人だろうがインド人だろうが垣根なく資金援助したという寧ろコスモポリタンに近い人物だったんじゃないかと思います。チャイナ服着たり大陸風味だった80年代のユーミンと何となく繋がっているような(血は繋がってないけど)気がします。近代と現代が入り混じって展開される感じはちょっと奇書っぽくて素敵な一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年5月 »