« 新年快楽! | トップページ | 「沈黙ーサイレンスー」レビュー »

2017年1月18日 (水)

熱々のバターみたいに

ヒップホップの開祖的存在・オールドスクールの雄たるシュガーヒルギャングの『ラッパーズディライト』がなぜか無性に聴きたくなって池袋のタワーレコードに飛び込んだのですが売ってませんでした。というより平日とはいえ洋楽コーナーの人とCDの少なさに今更ながら愕然としました。皆様あけましていかがお過ごしでしょうか。

ドナルド・トランプの大統領就任を目前に控え、全然関係ない日本人の私は鼻くそほじってアメリカの田舎に思いを馳せました。トランプを勝たせた『ヒルビリー』と呼ばれる白人の層。たぶん映画『イージーライダー』でピーターフォンダとデニスホッパーにショットガンを向けたような人たち、『ミシシッピーバーニング』で白い布をかぶって馬に乗りながら黒人を追い回していたような野蛮な人たち。と、日本人の私はステレオタイプに考えます。しかし『やっぱりタフで生命力が強くなくちゃ』という方向に風向きが変わってハリウッドもヒルビリー向けのマーケットがどんどん開拓されていくんだろうな、と。田舎者と中国人向けで反ゴダール的映画。CDが売れなくなって単館映画がなくなってパルコもなくなって、つまり90年代の渋谷的なモノが大全滅した時代になって『トレインスポッティング2』が今更公開されるって一体何を意味してるんでしょーか??と全然関係なく思いました。。。そんな年始です。

|

« 新年快楽! | トップページ | 「沈黙ーサイレンスー」レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/64776923

この記事へのトラックバック一覧です: 熱々のバターみたいに:

« 新年快楽! | トップページ | 「沈黙ーサイレンスー」レビュー »