« No more lonely nights | トップページ | デュヴァリー婦人 »

2014年11月 8日 (土)

夢見る頃を過ぎても

嗚呼!つひにバカボンのパパの年齢になってしまった不詳わたくしめ、一体どこまで年を取れば気がすむというのでしょうか。

先日9253がプレゼントをくれるというので一緒にズボンを買いにお出かけしました。場所は原宿の裏通りにひっそりと佇む野性的なお店「カールカナイ」。最初は柏駅近くのドンキで上から下まで一式揃えたいという希望を出したら「絶対嫌だ」と断固拒否されたのでもう少しランクアップしたとこを本屋で立ち読みして探しました。40過ぎにもなって違う自分になんかなれない、なんて思ってませんかそこのアータ。そんなことは絶対にない!変わろうと思えばいつだってどんなときだってニンゲンは変われるんですよ!それを実践すべく不詳わたくしめは日夜必死に模索してモガイてるんですの。自分とまったく正反対のまったくキャラクター違いの自分を探して。

でも行ったら意外と普通におしゃれな店で、一見ギャル風だけど「あたしもこのまえ誕生日だったんですけどー、お客さんからサプライズもらってー」とか気さくに話してくれる気の良いお姉さんの店員さんがいて、最初訝ってた9253も友達みたいに普通に喋ってるし、なんだこれまったく普通で日常じゃないか、セールストークも韻を踏んだりじゃないのか(まったくもって偏見)とか、とにかく普通にズボンを買ってもらいました。あとはツバが真っすぐな野球帽とパーカーと金のネックレスと…

|

« No more lonely nights | トップページ | デュヴァリー婦人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/60617907

この記事へのトラックバック一覧です: 夢見る頃を過ぎても:

« No more lonely nights | トップページ | デュヴァリー婦人 »