« 鳥取県智頭町『全国民泊マラソン』参加者募集のお知らせ〜 | トップページ | 王子様 »

2014年8月28日 (木)

なんか

気づいたら頻繁に使用している言葉というのがあります。まわりが頻繁に使用するので伝播して自分も使い出すんですが、その代表選手だと勝手に思ってる言葉が『なんか』です。英語だと『Somehow…』みたいな感じですが日本語のそれは、より汎用性が高く、何だか、何となく、何て云うか、なんだっけ、つまり想像するに、みたいなニュアンスを全て内包している『なんか』です。若い子たちは会話の中で結構な率で『なんか』を使用していると思いますが我が家の会話も『なんか』率がかなり高いです。1構文のなかに5回くらい出て来たりしますよ。何なんですかね『なんか』って。断定を避ける意味合いですかね?いや、いや、私が感じる『なんか』のニュアンスって自発性ではなく外発性(?)ということ。自分は全然関わってないんだけど、外的要因でこうなったっていう感じ。自分は思ってないけど『なんか』がやって来て何かこうなった、みたいな。『なんかあ~』と伸ばすとその感じが強調されるかと思います。なんか

|

« 鳥取県智頭町『全国民泊マラソン』参加者募集のお知らせ〜 | トップページ | 王子様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/60224050

この記事へのトラックバック一覧です: なんか:

« 鳥取県智頭町『全国民泊マラソン』参加者募集のお知らせ〜 | トップページ | 王子様 »