« 泥棒のこと | トップページ | 友達はいいもんだ »

2014年4月14日 (月)

いざ鎌倉

前回の話が続くかと思いきや、ちがう話なんですがねこれが。

9253の同級生マキャンさん夫妻が家を建てたというので甲斐さん家族と一緒にお邪魔してきました。北鎌倉の小高い山の上に立つオールウッドの素敵なお家。煙突から煙もくもく。暖炉ではご主人がピザを何枚も焼いてくれてしかもそれがそこいらのピザ屋を凌駕するレベル。高い天井からは明るい光が降り注ぎ、窓の外は向いの山の稜線にそって桜の樹が。いましも狼煙が上がりそうな春の風景に「殿!動きましたぞ!いざ鎌倉じゃ!」と叫びたくなるここは北鎌倉。一国一城主の感慨とはいかばかりか。

きっと暗い坂道を上りながらふと見上げると窓からこぼれるオレンジ色の光と煙突からあがる煙を見て立ち止まり「あれが我が家」とつぶやくこと。そんな甲斐性からほど遠い私はビールと赤ワインをガブガブ飲んだ結果、若干酩酊状態に入りまして情けない有様。帰りの東海道線ではボートを漕ぎながら帰りました。

おわり

|

« 泥棒のこと | トップページ | 友達はいいもんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/59470025

この記事へのトラックバック一覧です: いざ鎌倉:

« 泥棒のこと | トップページ | 友達はいいもんだ »