« こんにちはありがとう | トップページ | ハリウッドバビロン »

2011年4月 4日 (月)

はやぶさ

「ぱぱへこんどぱぱがやすみのひにかってきたぷらもでるのはやぶさつくろう」
帰宅するとこのようなtvkからの手紙がテーブルの上に置いてありました。
tvkにせがまれて購入した惑星探査機「はやぶさ」のプラモデルをそのまま放ったらかしにしていたことを思いだし、春のあたたかな日差しを感じながら、近所の模型屋でおよそ20年ぶりぐらいに買ったホビーカラーで色塗りから組みたてをしました。もう今となっては随分昔の出来事のように感じられる「はやぶさ」の偉業を伝えるニュース映像。忠犬ハチ公みたいな忠義が昔から大好きな日本人という心の民族がテクノロジーに親和性を感じえたあの一時、そして別のテクノロジーが疑心と不義をもたらして人類の進歩どころじゃなくなっている今現在、春はうららかなのに何か恐怖的なものが蔓延しつつある中、得体の知れないもやもやを抱え込んだ心を他所にその全容をあらわした「はやぶさ」はひどく地味で何だかよくわからない、何かの部品みたいな物体でした。そもそも飛行機とか宇宙船とか誰が見てもわかり良い格好良さを成していない惑星探査機というものは実用性が形をとったものなので地味にならざるを得ない訳で、「うわ格好いい!」も何も言い様がないしニュースとしての新鮮味もない、これほど「場違い」な感じはないというくらい必要性の無い物のように思えました。が、それがかえって愛おしいというか慰めてやりたいというか、嫌いな言葉だけれど「がんばれよ」と云いたくなるような日本人の生真面目な心を一生懸命に寄せ集めたような地味さ加減で、悲しいような可笑しいような変な気分にさせられました。

いや、やっぱりこれを飾ってる部屋ってないなと思います。

|

« こんにちはありがとう | トップページ | ハリウッドバビロン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/51295989

この記事へのトラックバック一覧です: はやぶさ:

« こんにちはありがとう | トップページ | ハリウッドバビロン »