« 根津美術館の陶磁器 | トップページ | 雑記あらかると »

2010年1月25日 (月)

指差しデート・スポット

愛宕山で遊んだ帰りに、日没寸前の空が絶妙なグラデーションをなす通称「マジック・アワー」と呼ばれる数十分を東京タワーにて体感しておりました。当然、カップルや家族連れで一杯です。景色を眺めるフリしてカップルたちの会話を盗み聞きしてまわっていた私がこの日発見した男女の脳みその違い。それは、
●女の子は「眺めがすごーい」「キラキラしてるー」「わーキレイ!」という雰囲気も含めた景色全体に対して無邪気に発言する。
●男は「あそこが六本木ヒルズ」「あの遠くに見えるのがお台場…」と指差しながら景色のポイントに対して冷静に、教師のように発言する。「喋るグーグルマップ化」する(自分も含め)。
ということ。
男女の視点が違うということはあると思いますが、男の「喋るグーグルマップ化」に関しては何かを回避した末に到達したあるスタイルじゃないかと思います。女の子の「わーキレイ!」に対して「きみの瞳の方がキレイだ」というアミーゴな発言が踏んではいけない地雷であること、また「ホントだーキレイだー」と彼女の無邪気に対して無邪気で返すのは「バカに見える」「田舎根性」というプライドに関わるということを学習した21世紀の男たちは、夜景を前に不用意に女のロマンティックに乗っかってはいけない、むしろロマンティックを消火しようと「指差した建物を解説する」という回避行動に出たんじゃないかと。考えすぎか…。
tvkもあと十数年したらこういうところにデートに来るんでしょうか。勝手を云うと彼女の裸体を指差しながら「ここが芝公園、ここが水道局…」っていうやつ(つげ義春・やなぎや主人)、あれを是非ともやってほしいね。初デートで。

|

« 根津美術館の陶磁器 | トップページ | 雑記あらかると »

コメント

わしもあれやってみたい。

ところでやなぎや主人の
カツ丼そろそろ食いに行かないと行けんね。
お店の存続事態が怪しいので。
full

投稿: ロマンタティック | 2010年1月27日 (水) 16時31分

房総半島ですね。
こわいなー行ってみたいけど!
まだ「つげ物件」を巡ったことが一度もないのでどれかなくなる前に行ってみたい。

投稿: たヶ | 2010年1月27日 (水) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/47389197

この記事へのトラックバック一覧です: 指差しデート・スポット:

« 根津美術館の陶磁器 | トップページ | 雑記あらかると »