« ザ・ロング・アンド・ワイディングロード | トップページ | 10月劇場 »

2008年9月29日 (月)

増える兄弟たち

ウルトラマンというのはおそろしく子沢山の家系であり、よってソフビもえらく種類が豊富にあるものです。最近分かって来たのですがtvkはどうやらこの大家族をコンプリートする野望を抱いている様子で何だかんだ理由付けて買わされたり頂いたりしたものが増え、既に家には10人ちかい人数が集まりつつあります。風呂場や外出時はおろか、あまつさえ寝室のベッドにも彼らは集合するので弾き出された私は違う場所で寝ることになっています。
先日、国立東京博物館に出かけました。このとき仏像展示室で金色の仏像たちを見上げていて思いましたが、この大日如来や薬師如来、日光菩薩や月光菩薩などのアルカイック顔を一同に並べて有り難がる感覚は、かなりウルトラ兄弟コンプリートの感覚に近いものなんじゃないかと思った次第。一体つくればまたもう一体欲しくなり、如来や菩薩のキャラクター設定は後づけとして、そうやって徐々にコンプリートしていったんじゃないかと勘ぐりたくなるほど佇まいが酷似しているのですが、先日連れて行かされたウルトラ兄弟の映画ではウルトラマンたちが金色に輝くシーンがあって、それはまったくもって仏像そのものでした。はたして日本人のフィギュア・ラヴはそうとう根が深いと思いますね。
今tvkはゾフィーが欲しいと云っています。あんな助けにならない弱小キャラをどうして欲しいのか、理解に苦しみます。

|

« ザ・ロング・アンド・ワイディングロード | トップページ | 10月劇場 »

コメント

次にこの案件。

コレを読むに思い出したエピソードがあります。
私が岡山に住んでいた頃、2軒隣のお家はあまり裕福なおうちではありませんでした。
男女比率は忘れましたが、4人ぐらいお子さんがいらしたかと思います。

そのお宅にもウルトラソフビがありました。
当時で、骨董のようなソフビが。
マン、セブンの塗装部分が剥げ、赤いビニール質のただの人体になっていました。
が、その人体の両耳の部分に穴を開け、白い、ちびたクーピーをその穴にぶっさし、当時リアルタイムだったタロウに仕立てていました。
というか、その子がタロウの歌を歌いながら、その人形を操っていたので、タロウなんだと私は思いました。

私はキングが欲しかったですが、ソフビを改造して、キングと友達に伝える度胸がなかったことを大人になってから恥じていましたが、そもそもキングには主題歌がなかったので、説得力がなかったのかもしれません。

投稿: まだエアコンを使うオレ。エゴ上手。 | 2008年10月 3日 (金) 15時35分

そうそう、tvkがタロウのソフビの角ふたつを手で隠して、「こうするとセブンなんだ」と云っていました。どうでもいいけどtvkがウルトラマンのことを私に説明するのはまさに「釈迦に説法説く」というやつです。玄関に飾ってある色紙が誰のものなのかさえ知らずに。大人げないので笑ってすましてますが。

投稿: たけろん | 2008年10月 6日 (月) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/42637292

この記事へのトラックバック一覧です: 増える兄弟たち:

« ザ・ロング・アンド・ワイディングロード | トップページ | 10月劇場 »