« 死ぬのはいつも他人ばかり! | トップページ | もうお手上げ »

2007年6月 7日 (木)

そして船は行く

打合せが終わって長い廊下を歩いている時でした。
向こうで受付嬢二人が立って、お互いに向合って見つめあいながら無言で肩を揉み合っている光景に出くわしました。長い廊下はシンメトリー。向合って肩揉みしている女二人もシンメトリー。その時私は打合せの時に脱いでいた上着を羽織ろうとしている途中で、両腕は袖に通し、肩の部分は羽織りきっていないで腰の周りに巻き付けたような非常に中途半端なだらしない着方で歩いていたのでした。シンメトリーな女二人はほぼ同時にこちらに顔を向けて、それがあまりにタイミングがぴったりだったので何かの踊りのように見えました。例えばウィンクとかの。片足とか上がっていたかも知れませんがそれはイメージです。
お互いの肩に両手をのせてこっちを見ている女たちと、上着を腰に巻き付けてそれを見ている男という構図に何かすごいだめな感じを受けました。

|

« 死ぬのはいつも他人ばかり! | トップページ | もうお手上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/15345573

この記事へのトラックバック一覧です: そして船は行く:

« 死ぬのはいつも他人ばかり! | トップページ | もうお手上げ »