« おぼこについて | トップページ | アルフレッド・ジャリ「超男性」 »

2007年4月16日 (月)

台東区-中近東

「受胎告知」を見にいきました。待ち時間30分に会場入りしたら人込みの列にならって牛歩のように作品ににじり寄り、目の前にきたら鑑賞正味1分です。しかもこの1作品のみ鑑賞するために1500円。
その後、9253から噂に聞いていた千駄木の坂上にあるペルシャ料理「ざくろ」というお店に初めて行きました。入店すると数人の客がポコポコと水煙草を吸っていて甘い匂いが漂っています。絨毯に座っていると店の奥から「はいはいはいはい」と大声が聞こえ、ペルシャ人店長が出現。いいからとにかくこれを着ろとチョッキを渡されて間髪入れずに料理スタート。サラダの後にデザートを渡され、前菜のピクルスが来て、何の脈絡もなく突然ガムを渡されると忘れたころにメインが来てまた違うサラダを渡され大量にお代りが来てその間に店長のパフォーマンスに翻弄され無理矢理となりのお嬢さんたちと仲良くさせられてチビKもすっかり借りてきた猫のようになってました。「あやしい男、どんどん食べろ、はーいがんばってー。食べたらすぐ帰れ!」料理がどこから始まってどこで終わるコースなのかも不明なまま勢いに呑まれてひたすら口に運び。店長が大声でチビKを担ぎ「みんな〜見て!これ、この男の作った作品よ〜!」と私の肩を叩きました。イランこと云うな!となりのお嬢さんたちに「僕と作品作ろうよ〜」とセックスアピールもしてました。どこまでむちゃな店なんだ…。ぐったりしましたが楽しかったです。

|

« おぼこについて | トップページ | アルフレッド・ジャリ「超男性」 »

コメント

ここ行った事あるんだけど
正直うざい店長のお陰で
何食ったかあまり思い出せない。
まずくはなかったと思うので
もう一度行ってみたいのだが
やはり同じ目にあうんでしょうな。

投稿: 満駄木 | 2007年4月16日 (月) 23時29分

あー、同じ目に逢う。彼女置いてゆけ!とか云われるねきっと。
でもそんな不快感はなかったんだけど、
料理はそれほど美味しいとは思わなかった。

そう云えばあの店の前に猫が集まる空地があった。
そこが工事中になっててどうやら何かを建設するらしいよ。
猫たちは居場所がなさそうに周辺をうろついてた。

投稿: 竹 | 2007年4月17日 (火) 12時07分

これって本当にすることなんですか?
http://baby.goo.ne.jp/member/ikuji/skincare/5/03.html

投稿: スジャータ | 2007年4月18日 (水) 16時27分

Blogを汚してごめんなさいね。
ただ、こういう行為を知らなかったもんで・・・

投稿: スジャータ | 2007年4月18日 (水) 16時28分

どわー。
あのですね、確かにこれ小児科で男の子の赤ちゃんが生まれた時に教わるというか「こういうことしてみたら」程度に教わるみたい。9253も確かに聞いたらく「ホントにやらなきゃいけないの?」と云うのでむしろ「やるな」と云いました。自分のオカンに「あんたのを昔剥いてやったんだ」って云われたら想像するだけでげんなりだ。男の体のしくみをお母さんたちにより深く知ってもらおうということなんだろうと思うんですが放っといてほしいですよ。ホントに。

投稿: TAKE | 2007年4月18日 (水) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/14702734

この記事へのトラックバック一覧です: 台東区-中近東:

« おぼこについて | トップページ | アルフレッド・ジャリ「超男性」 »