« 歯磨きショー | トップページ | 土曜日の横浜 »

2007年2月15日 (木)

歯磨きショー(その2)

歯ブラシを渡すとタイ君は左手を阿波踊りのようにわいわいさせながら腰くねくねを加えた高速歯磨きを披露してなかなか手強い感じでした。それを見てチビKが「ギャハハハハー!」と笑って歯ブラシをタイ君から受取り、やおら立上がり、そして地団駄ふみながら高速歯磨き。タイ君が「アッキャー!」と怪鳥リトラのような笑い声を出しました。私は最初は歯磨きの重要さを楽しく面白く教育しようと「歯磨きショー」を披露したのにいつの間にか誰が言い出した訳でもないのに「いかにしてバカっぽい歯磨きをして笑わせられるか」を競いあうというモンティパイソンのようなことにすり変わっていました。
そういうことなら学生時代いやというほどやってきてもう卒業したはずなのに…。オトコとは、男とはそういうことに闘志を異常に燃やす生き物です。それが1歳児であろうと30歳児であろうと。いま目の前で阿呆やらかしている1歳児たちはもう立派な男という生き物です。
気が付くと二人が期待に目をらんらんとさせて私の方に歯ブラシを差し出しています。さあ、次はどんな歯磨きを見せてくれるんだ?と云わんばかり。しまった、父ちゃんはもうネタぎれだ。

|

« 歯磨きショー | トップページ | 土曜日の横浜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/13925421

この記事へのトラックバック一覧です: 歯磨きショー(その2):

« 歯磨きショー | トップページ | 土曜日の横浜 »