« なればいい | トップページ | 怒りの延命術 »

2006年8月25日 (金)

ちいこい劇場

夏って何か心臓をひもで締め上げられるような妙な心持ちです。萬年思春期の私にとっては。


夏休みまえのことでした。(ここから小5の話スタート)
放課後、筆箱を忘れた私は音楽室の扉を何の躊躇いもなく開けました。すると好きだったM田さんが一人でさも楽しそうにピアノを弾いておった訳です。その当時、M田さんは某テレヴィ局専属の有名合唱団に所属しておりソロパートを唄う画面アップの彼女をしょっちゅう見ていたのです。それはもうクラスどころか学内中のアホも秀才も誰も彼もが思い寄せる程のAクラス級の美少女でして、とても倍率高めの存在だったのです。
ミンミン蝉が鳴いていて西日がきつく音楽室の窓から射していました。
で、私の筆箱はこともあろうにM田さんの弾いているピアノの上に置いてあって、当然音楽室には私とM田さんの二人きり。恋の神様が「汝、いまここに告白せよ」と要らぬ余計なお膳立てをしたかのような、しかしこれ以上ない恋のグッドチャンス到来の瞬間だったのですがそういう瞬間って夢見はすれど実際に目の前に立ちあらわれることに対して人間は怖れを抱くものでして、このシチュエイションでは何も話さずに黙って筆箱を取って引返すのは反って不自然だとは百も承知ですが、いわゆるそういう行動を取ってしまった。ばか
するとピアノを弾いていた指をはたと止めたM田さんがこちらに向って笑顔で何かを聞いてきました。
窓からの西日でピアノの前に座って笑うM田さんは逆光で神かと思いました。
しかし何を聞かれたのかさっぱり記憶にありません。たしか「うん」と一言云って筆箱を取って逃げるように音楽室を後にしたと思います私は。何が「うん」なんだ。あまりにもだめな当時の私をくわえ煙草で引っ付かんでどつきまわしたい気分ですがあれは何がいけなかったかというと「放課後の音楽室」というシチュエイションがいけなかったと思うのです。よりによって「放課後の音楽室」です。ただの小学生が神にも見える瞬間を作り出す魔の刻。
あと「放課後の実験室」というのもやばいです。

Aschksdt

|

« なればいい | トップページ | 怒りの延命術 »

コメント

夏は胸キュンの季節だよね~。
放課後の音楽室..
放課後の美術室..
放課後の実験室..
体育館や校庭やプール...

一人、少女が西日の中で..

んで、夏の終わりってのがさらに切ないってな。

投稿: さむ。 | 2006年8月28日 (月) 14時04分

MSN(まさに)「時かけ」です。 

でもさむ、放課後の美少女はこの日本にあっては絶滅種なんだよ、
おれたちが守らなきゃどんどんいなくなるし、
ほっとくとお笑い芸人と同棲していたりするんだよ(涙)。
かなしいよ。

※注:時をかける少女(原田知世)

投稿: たけ | 2006年8月28日 (月) 18時52分

俺たちが守る!
ってなことを俺たちが言うと、
リアルに危ない気がするのは気のせいですか?

シャレにならん事件もおきてるし..。
タイムリーよ...実験室なんて。

投稿: さむ。 | 2006年8月30日 (水) 18時51分

実験室…あわわ、ホントだ。

ネット社会ってのも公安の目が光っているんで迂闊なこといえませんが私は何も悪い人ではありませんからねっ。
殺しはよくない。いまごろバイクで逃げてるんだろうか、

投稿: たけ | 2006年8月30日 (水) 19時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/11603172

この記事へのトラックバック一覧です: ちいこい劇場:

« なればいい | トップページ | 怒りの延命術 »