« 名前神経衰弱 | トップページ | 赤紙をつくる »

2006年8月14日 (月)

同棲、始めました。

夏真っ盛りで暑くてどうしようもないので美容院に髪を切りに行きました。
シャンプーする椅子に座ると、開口一番、いつも髪を切ってくれる青年が
「明日から彼女と同棲することになりました」
と突然云いだしたので顔の上に乗っける薄い紙をあやうく吹き飛ばしそうになりました。客の私としては何て答えたらよいのかわからず、取りあえずもぞもぞする紙の下から「おめでとう」と何がおめでとうなのかさっぱりですが云っておきました。昨日の彼は客が来る度に同棲宣言をしていたのでしょうか。美容師の人たちはそうやって己のネタを切り売って接客しなければならないのか、あるいはいまいち話の接点が見出せない私だからネタに困ってしたのか、何も開口一番する話としては唐突すぎる気がしましたがその強引な振りは面白いとも思いました。まぁとにかく同棲を楽しんでほしいと心から思います。

その後、9253とチビKと合流。「散髪したら高倉健みたいだ」と云われました。これから人を殺しにいくようにでも見えたのでしょうか。
新宿に出て、暑いのでバーニーズに程近い喫茶店「ヴェルテル」に入ろうと思ったら何か様子が変。近寄ってみるとなんと閉店しているではないですか。貼紙の前でショックのあまりしばし呆然。ここは地下にバーを備えていて、60年代、売れない頃の松田優作がバーテンダーをやっていたという、あるいは上の喫茶室はウルトラセブンのアンヌ隊員を演じていた菱見百合子が常連客だったという私のお気に入りの場所だったのですが無くなるとは思ってもいませんでした。
喫茶店は潰れ、カフェがどんどん増えていく東京の夏、ダンチョネー。

|

« 名前神経衰弱 | トップページ | 赤紙をつくる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/11429403

この記事へのトラックバック一覧です: 同棲、始めました。:

« 名前神経衰弱 | トップページ | 赤紙をつくる »