« 慌てん坊で寂しがり | トップページ | 侵略者を撃て »

2006年1月12日 (木)

地下鉄に乗って

地下鉄のドア横ステッカーにこう書いてありました。
「復活!エレックレコード」
がこんがこん、地下鉄に乗って記憶はさまよい続け、人生で二番目におしっこを我慢したあの日へと私を誘います。本当に漏れそうだったの。恵比須にある事務所で出会ったA氏は明らかにモジモジしてるのは緊張のせいばかりではない私にはおかまいなくマシンガン・トーク、Sちゃんとお土産に買っていったビール1ケース分を殆ど一人で水のようにスイスイ飲みながら炸裂させていったのでした。世の中にはいろんな限界を超えた限界のさらに地平線があるんだな、とその日私は胸に刻んだの、
マッシュルームカットのジェンキンスさんみたいな風貌のAさんは上下デニムで還暦を過ぎた身とはとうてい思われませんが、そもそも日本におけるカレッジフォークの潮流を作ったキーパーソンの一人であり、この人の熱意でもって吉田拓郎も泉谷しげるもデビューしていったのです。そう考えると今目の前でさらっと語られる数々の驚愕のエピソードから逐一目が離せないのであり、しかしながら体の生理機能はもう臨界点をとうに超えていたわけで開幕から5時間にわたる休憩一切ナシの劇場を私は耐え抜いた、自分を誉めてあげたい。ところでしたが、結局話の腰を強引に折って“すいません、トイレどこですか…”

がこんがこん、地下鉄に乗って…駅で降りてトイレを探しました。

|

« 慌てん坊で寂しがり | トップページ | 侵略者を撃て »

コメント

注釈
※エレックレコード:1969年設立のレコード会社。インディーズのはしり。吉田拓郎、泉谷しげる、古井戸、村八分、等をデビューさせたが1975年に倒産。昨年末に会社組織が復活した模様。

投稿: たけ主宰 | 2006年1月13日 (金) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/8125255

この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄に乗って:

« 慌てん坊で寂しがり | トップページ | 侵略者を撃て »