« あいのりたい。 | トップページ | シャングリラ »

2005年11月 9日 (水)

何かいいことないか子猫チャン

「これちょっと見てぇな、ええもんやろ、これ」
初校を待ってるあいだ、時間潰しにカフェ「パウリスタ」で珈琲を飲んでいた時です。隣のテーブルには50代と思しきおばちゃんが向い席の3名にお土産を手渡しているとこでした。
「これみてな、ええもんやろ。ねこの写真立て」
微妙に可愛いねこちゃんの形の写真立てが出て来ました。
「タカナカさんにはな、これ。これええもんやで」
包装紙をその場でばりばりと破いて中の箱から出て来たのは微妙に可愛いねこが直立しているソルト&ペパー入れでした。人に開けさせないのはこの人の礼儀でしょうか。
「これな、塩とコショウいれるやつ。ねこの。ええやろ、あとなイシダさんにもこうて来たで、これもええもんやで。ほら、ねこの箸置き、可愛いやろ、な。」
相当なねこ好きなんでしょうか、続々出てくる微妙にファンシーなねこのあれこれ、ねこの便箋、ねこのクリアファイル、ねこのカレンダー、ねこの饅頭、ねこの木彫り人形、ねこのクリップ、ねこのマグネット、ねこのクッキー、ねこの、ねこの…。
自分のテーブルに置けなくなって隣の私がいるテーブルにまで越境してねこが攻めて来ました。
ねこのクラッシャー、ねこのしゃもじ、ねこの軍手、ねこのえんぺつ削り、ねこのクシ、ねこの…、
ねこの国からやって来た親善大使であるおばちゃんは「ええもんやろ」を繰り返しながらテーブルにねこをどんどん広げています。さすがに従業員たちもこの異様な光景に気づいたのかお盆を手にしたまま固まっていました。
ねこのバインダー、ねこの灰皿、ねこのポストイット、ねこのペンケース、ねこのホチキス、ねこの焼酎、ねこのうちわ、ねこの手拭い…。
地平線まで延々と続くねこの大軍はいつしか私の頭の中を凌駕して「ねこの、ねこの」とうわごとを繰返し、珈琲カップを持つ手がぶるぶる震えました、床にまで広がっているねこのお土産をがしゃがしゃと踏み付け足元もおぼつかず帰社した私は初校の上にはげしく嘔吐しましたとさ。

|

« あいのりたい。 | トップページ | シャングリラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149724/6999570

この記事へのトラックバック一覧です: 何かいいことないか子猫チャン:

« あいのりたい。 | トップページ | シャングリラ »